株式会社 浅野

製品事例

試作対応から量産対応へ、
株式会社浅野の対応の幅広さをお客様にご活用いただきました

試作価格から量産価格への対応

『丸棒を3曲げしてブラケットを溶接してほしい』 お客様からは最初に、試作品を2個製造し、単価数千円の注文を頂きました。 試作品は株式会社浅野が得意としているところで、お客様にも喜んでいいただきました。 試作品を納品して数ヶ月後に、丸棒のみの量産に関するご相談をお客様からいただきました。 月1800本の加工を4年間で単価を数百円になるようにコントロールしてほしいという相談でした。 株式会社浅野では、こうったご要望にお応えする為に、設計と営業が連動しコストダウンの相談を実施しながら、加工工程の最適化案を検討いたしました。

通常のパイプベンダーの加工では、コストと数量がこなせず、要望されている量産価格には到達できない。

当初、社内ではこのような結論に達しましたが、さらに相談を重ね、お客様への最適な提案として下記を実施しました。

初期費用をいただく

  • 加工治具の製造
  • 検具など準備と
  • 設備の準備

これにお客様に投資をしていただきたい。その上で、ご要望いただいている生産量と4年間という時間でお客様にこの設備を償却していただいて量産価格を提示したいと提案しました。 株式会社浅野の対応の幅の広さを活用して、お客様「試作品から量産へ移行」というご要望を実現できました。

  • 製品事例一覧に戻る
ホーム製品事例試作対応から量産対応へ株式会社浅野の対応の幅広さをお客様にご活用頂きました ページの先頭へ